FC2ブログ

オーストラリアから信越トレイルハイキング

DSC_0332.jpg

天気が悪くて山の撮影ができないので、
信越トレイルの、関田峠から牧の小池までを往復トレランしてきました。

山稜は日本海側からの湿気に包まれていて、
この時期らしい霧のトレイルでした。
峠に車もなかったし、天気もいまいちで、しかも平日、誰にも会わないだろうと思っていたら、
オーストラリアから来たという夫婦に出会いました。

いかにも日本的な、鬱蒼として、じめじめとした森のトレイルで唯一出会ったのが外国人、というのがなんとも面白かった。
今日は戸狩から(多分トン平)から歩き出し、牧峠を越えて、伏野峠まで歩くとか。
途中信トレの事務局に連絡入れて、伏野峠からピックアップしてもらうそうです。
事務局の体制が整っているので、外国から来てもガイドなしでもちゃんと歩けるようです。
今日は森の家に泊まるそうで、
飯山駅や湯滝温泉、森の家に展示してある僕の写真の宣伝をしてしまいました。

オーストラリアにはない、このヤブ山トレイルの美しさに感動したそうです。
そういえば去年、カナダでガイドをしている友達が、
カナダ人を連れて信トレを歩きに来た時も、やはりこの鬱蒼としたヤブ山の奥深さに感心していました。
多様性ある自然、とでも言うのでしょうか。
派手ではないけれど、単純ではない世界。
なかなかほんとに奥深い魅力に溢れています。
普段見慣れて、時にうっとうしく感じるヤブ山ですが、
こうして外国の方と話すと、あらためてこの自然の良さを感じたりします。

また後で、と言ってトレイル上で追い抜いて、
牧の小池で再会。
せっかくなので撮影させてもらいました。
ブログの掲載許可もいただきました。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hideki Hoshino

Author:Hideki Hoshino
北信州飯山で、薮と雪にまみれて暮らす写真家。
森に行ったり、山に行ったり、
雪堀りしたり、酒飲んだり。
あ、それから写真を撮ったり。

著書に『アルペンガイド8 剱立山連峰』『雪山放浪記』『剱人 剱に魅せられた男たち』(すべて山と溪谷社)など。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR