FC2ブログ

黒部立山裏街道


内蔵助平

黒部側から立山に行ってきました。

立山、というと普通はアルペンルートの終点・室堂から登るのが一般的です。
何しろ室堂は標高2,450m、
労せず高山の頂に立てるのですから当然です。

ところが黒部側から登ると稜線まで標高差1,500m余り。
体力も時間もかかりますが、
出会う人もまれな、まさに秘境ルートです。

初日は大混雑の黒部ダムから静寂の内蔵助平へ。
黒部別山と丸山、それに真砂尾根に囲まれたこの平は、
剱立山の秘境と言っても過言ではないところ。
瀬音だけが響く、ヤブの王国です。

jm180818137.jpg
内蔵助平と黒部別山、後立山連峰

翌日は真砂岳の稜線へ。
ヤブの登路を行きます。
途中、シュルンドの処理が厄介な雪渓があり、
慎重なルートファインディングが試されます。
登るほどに背後に広がるのは、
昨日泊まった内蔵助平と黒部別山、それに鹿島槍から白馬へ連なる後立山連峰。

jm180818163.jpg
内蔵助カール源頭部と富士ノ折立

気づけばすっかり高山世界。
あんなヤブ世界から、
3,000m近いハイアルパインの風景への変化がたまらなく楽しい。

jm180818265.jpg
大走りを雷鳥沢へ

さらに真砂岳を越えて、
大走りから雷鳥沢のテント場へ下ります。
立山の稜線を越えると、
黒部側の静寂と打って変わって、
人、人、人。

jm180819127.jpg
東一ノ越からタンボ平と後立山連峰

最終日、
一ノ越へ登り返し、再び黒部へ下ります。
見下ろすのはダンボ平。
大観峰と黒部平のロープウェイ駅が見えます。

jm180819347.jpg
黒部ダムから大タテガビン

下りに下って、黒部湖へ。
観光客に交じってダムに立ち、
初日にたどった黒部の谷を見下ろしました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hideki Hoshino

Author:Hideki Hoshino
北信州飯山で、薮と雪にまみれて暮らす写真家。
森に行ったり、山に行ったり、
雪堀りしたり、酒飲んだり。
あ、それから写真を撮ったり。

著書に『アルペンガイド8 剱立山連峰』『雪山放浪記』『剱人 剱に魅せられた男たち』(すべて山と溪谷社)など。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR