FC2ブログ

GW恒例の鍋倉山



今年で三回目になる、GW恒例の鍋倉山。
ほんと、近くて、手頃で、そして楽しい。

DSC_7674.jpg

昨年より雪も多くて、
まだまだ楽しめそう。
春になってから寒い日が続いたりで、雪解けが遅れているみたい。

DSC_7703.jpg

今年は「改元登山」というのが流行りらしくて、
30日とかは山が賑わうのだろうか。

DSC_7742.jpg

頂上でお昼を食べて、

DSC_7749.jpg

見下ろせば我が村が。

DSC_7761.jpg

下山後は山麓でちょっとクロスをして、
帰りました。

アマナ平から高松山



今月初めの山ですが。
火打山北面のアマナ平から高松山に行ってきました。

DSC_7383.jpg

北面台地を挟んでそびえる火打山。
まだたっぷりの雪。
火打と影火打、滑降ルートがよくわかります。

DSC_7468.jpg

雪面と点在するブナがきれい。
滑りたい。

DSC_7475.jpg

頂上からは阿弥陀岳と烏帽子岳が。
どちらも登ってみたい山。

DSC_7495.jpg

そしてやはりこの山。
鉾ヶ岳と権現岳、そしてトッケ峰。
トッケの雪庇がでかい。

あの雪庇を踏んで滑落して、運よく命を拾って、
6年がたちました。

気づけば春が

http://

またまたブログの更新をさぼってしまった。

マメでない性格なので、
それと、3月のスキークラブの多忙と、
さらにアルペンガイド改訂版の入稿に追われ、
正直、写真を選んで投稿して、記事を書くという作業が、
とてつもなく煩わしく思えて、
というわけです。

晴れてアルペンガイドが校了しまして、
5月17日発売となりました。

https://www.yamakei.co.jp/products/2819012930.html

今は印刷の最中ということで、
色がちゃんと出てくれるかが最大の心配です。

さらに山と溪谷6月号は、剱立山特集ということで、
アルペンガイド校了休みもなく、特集に明け暮れております。
それもやっと下火な感じになり、
毎年恒例の夏山JOY体制という。

そんな時は近場で登って滑るのが一番、
というわけで、今月は3回鍋倉山に行ってきました。

まもなく通行止め規制も西ノ沢入口まで解除になるし、
春ですね。

プロフィール

Hideki Hoshino

Author:Hideki Hoshino
北信州飯山で、薮と雪にまみれて暮らす写真家。
森に行ったり、山に行ったり、
雪堀りしたり、酒飲んだり。
あ、それから写真を撮ったり。

著書に『アルペンガイド8 剱立山連峰』『雪山放浪記』『剱人 剱に魅せられた男たち』(すべて山と溪谷社)など。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR