FC2ブログ

黒部立山裏街道


内蔵助平

黒部側から立山に行ってきました。

立山、というと普通はアルペンルートの終点・室堂から登るのが一般的です。
何しろ室堂は標高2,450m、
労せず高山の頂に立てるのですから当然です。

ところが黒部側から登ると稜線まで標高差1,500m余り。
体力も時間もかかりますが、
出会う人もまれな、まさに秘境ルートです。

初日は大混雑の黒部ダムから静寂の内蔵助平へ。
黒部別山と丸山、それに真砂尾根に囲まれたこの平は、
剱立山の秘境と言っても過言ではないところ。
瀬音だけが響く、ヤブの王国です。

jm180818137.jpg
内蔵助平と黒部別山、後立山連峰

翌日は真砂岳の稜線へ。
ヤブの登路を行きます。
途中、シュルンドの処理が厄介な雪渓があり、
慎重なルートファインディングが試されます。
登るほどに背後に広がるのは、
昨日泊まった内蔵助平と黒部別山、それに鹿島槍から白馬へ連なる後立山連峰。

jm180818163.jpg
内蔵助カール源頭部と富士ノ折立

気づけばすっかり高山世界。
あんなヤブ世界から、
3,000m近いハイアルパインの風景への変化がたまらなく楽しい。

jm180818265.jpg
大走りを雷鳥沢へ

さらに真砂岳を越えて、
大走りから雷鳥沢のテント場へ下ります。
立山の稜線を越えると、
黒部側の静寂と打って変わって、
人、人、人。

jm180819127.jpg
東一ノ越からタンボ平と後立山連峰

最終日、
一ノ越へ登り返し、再び黒部へ下ります。
見下ろすのはダンボ平。
大観峰と黒部平のロープウェイ駅が見えます。

jm180819347.jpg
黒部ダムから大タテガビン

下りに下って、黒部湖へ。
観光客に交じってダムに立ち、
初日にたどった黒部の谷を見下ろしました。

追悼 佐伯邦夫さん

DSC_0805.jpg

先月、宮田八郎の葬儀があったばかりなのに、
今度は魚津の佐伯邦夫さんが亡くなりました。

邦夫さんは、
兄の郁夫さんとともに、魚津岳友会を創設したメンバーの一人。
剱岳を中心に、アルピニズムを実践してきた登山家です。
とともに、多くのエッセイや山岳紀行、さらに写真集を出版してきた人です。

とにかく剱岳関係の文献を開けば、
必ずといっていいほど「著 佐伯邦夫」の文字に出会う。
僕は邦夫さんと知り合いたいがために、
インタビュー企画を提案。
その時のインタビューは「岳人 備忘録」として単行本になっています。
その後、さらなる付き合いを、と思って
今度は「剱人 剱岳に魅せられた男たち」で、
兄の郁夫さんとともにインタビューさせてもらいました。

邦夫さんの数多くの著作の中で、
なんといっても「会心の山」がいい。
学生時代に読んでから、何度読み返したかわからない。
自然体に、読者を山に誘う文体は、何度読んでも魅力的です。

要は、僕は邦夫さんのファンでした。
付き合いの中で、わずかながらも文章指導や、
僕が書いたものへの意見なども頂き、大変お世話になりました。
昨年は、さらに二冊の本を出版されて、
それもサイン入りのものを、わざわざ送っていただきました。

20年近くも心臓病を患い、
山もスキーも実践から離れていたものの、
それでも多くの著作を手掛け、
山ばかりでなく身近な被写体にも目を向けて写真を撮っていらっしゃいました。

剱岳を照らしてきた巨星が一つ消えたようで、
とても寂しです。

DSC_0806.jpg

昨年出された本の紹介コーナーには、
かつて僕が撮影した邦夫さんの写真が飾ってありました。

読売新道


鏡池から槍ヶ岳

新穂高温泉から、
双六、鷲羽、水晶を越えて、
読売新道を通って黒部ダムへ下りました。

初日は新穂高から双六小屋まで。
なんだかすごい人で、
登りも下りも登山者が途切れることがない。
8月に入っても天気がよく、山は大混雑でした。

jm180803414.jpg
三俣蓮華岳から望む黒部源流域

二日目は双六岳を越えて三俣蓮華岳へ。
三県の県境の頂は、
黒部源流の一角です。
ここからの眺めはいつ見てもいい。
山稜の深みを実感できます。

jm180803696.jpg
鷲羽岳からワリモ岳へ向かう

さらに鷲羽岳を越えて水晶小屋へ。
昨年もたどった裏銀座縦走路を北へ向かいます。

jm180803966.jpg
水晶小屋から望む夕暮れ

大混雑の水晶小屋。
予約も取れなかったのですが、打ち合わせ通りに寝袋持参でなんとか。
圭さん、ありがとう!
三俣山荘も水晶小屋も、いつも混雑時にお世話になってしまい、
いつかゆっくり泊まりたい。

jm180804060.jpg
水晶岳を目指す

三日目が今回の核心。
水晶岳から赤牛岳、そして読売新道を経て奥黒部ヒュッテを目指します。
取材の目的もこの行程がメインなので、
ばっちり天気も重なって、最高でした。

jm180804274.jpg
水晶岳を越えて赤牛岳へ

水晶岳までは去年も来ていますが、
読売新道を下るのは、なんと10年ぶり。
赤牛岳までが意外と遠いですが、
東沢を挟んで連なる裏銀座、
黒部を挟んで続く薬師の稜線がたまらない。

jm180804521.jpg
はるか黒部湖を目指して

さあ、いよいよ読売新道。
はるかゴールの黒部湖が見えてきました。

jm180805126.jpg
平の渡しで黒部湖を渡る

最終日、奥黒部ヒュッテから黒部湖畔をたどって黒部ダムへ。
途中平の渡しで湖を渡ります。
今年から船の委託業務主が変わり、それに伴い船も小型化へ。
この時は約20人も船待ちしていたので、
二往復したようです。

さらに黒部湖左岸をたどって黒部ダムへ。
観光客に紛れて扇沢へと向かいました。

剱岳から大日三山


平蔵のコルから望む、平蔵谷源頭針峰群

剱岳から大日三山へ行ってきました。
7月中にこれだけ続いて取材に出られるなんて、
初めてのことかもしれません。

なにしろこの2年間は天気が悪く、
やっと晴れたのが8月の山の日のタイミング。
2年連続で大渋滞の別山尾根に登りました。

今回はさすがにまだ7月の平日とあって山が空いている。
テント場も山小屋も、ガラガラでした。
カニのたてばいで渋滞がないなんて、これも何年振りだろう。

jm180725809.jpg
大日小屋から夕照の剱岳

剣山荘、剱御前小舎、と泊まって、大日小屋へ。
何年かぶりに、小屋オーナーの杉田健司さんにお会いできて楽しかった。
ランプの宿で、最高のギターライブを楽しみました。

しかも、ガイドの多賀谷さんとも偶然に同宿。
これも楽しかった。
先月東京で座談会をしたばかりですが、
まあ、剱界隈ですから、会っても不思議はないですが。


jm180726096.jpg
朝の剱岳。大日岳から

最終日は大日平経由で称名へ。

さて、いよいよ8月、
これからが夏山ですが、
はたして天気は?

しつこく、宮田八郎


昨年12月 涸沢岳にて宮田八郎と

昨日は宮田八郎の告別式でした。
凄まじい存在感の男がいないということが、
事実を認めなければいけないということを実感させられました。

しかし、
嘘だろ、信じられんぞ。
といまだに思ってしまう。
昨日の参列者は、みんな同じ気持ちだったと思います。

2010年以降、同業者が事故で3人亡くなりました。
一人は穂高の平易な岩場で滑落して。
一人は長良川で取材中に溺れて。
一人は剱で大岩の下敷きになって。
そして今年、宮田八郎が伊豆の海で。

クライミング中に頭をかち割ったカメラマン、
冬山でテントを飛ばして指を失ったカメラマン、
僕自身、春山で雪庇を踏んで滑落、遭難、行方不明。
ヘリでレスキューされて、命を拾いました。

常に、明日は我が身、と思って気を引き締めているものの、
一瞬の隙、一瞬の気の緩みに、事故がついてきます。
山で「あの人に限って」はあり得ない。
フィールドに出る時間が長い人ほど、事故に遭う可能性が高くなる。

しかし、そんなこともみんな、分かっているのですが。

プロフィール

Hideki Hoshino

Author:Hideki Hoshino
北信州飯山で、薮と雪にまみれて暮らす写真家。
森に行ったり、山に行ったり、
雪堀りしたり、酒飲んだり。
あ、それから写真を撮ったり。

著書に『アルペンガイド8 剱立山連峰』『雪山放浪記』『剱人 剱に魅せられた男たち』(すべて山と溪谷社)など。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR